マイレージのお得な貯め方・使い方!お得な利用方法を紹介!

マイレージって何?その仕組みとは?

飛行機によく乗っている人であれば、マイレージを使いこなしている人も多いと思います。

 

わたしもマイルという言葉は知っていましたが、とにかく安いLCCを探して乗ってみたり、たまには別な飛行機に乗りたいので、ANAやJALに乗るといったように、まったくマイルが貯まらない行動をしていました。

 

ここで【マイレージプログラム】とは何なのかを考えるにあたり、TSUTAYAのポイントをはじめとする・ふだん使っているポイントカードを例に挙げると分かりやすいかもしれません。

 

TSUYATAのポイントを貯めたいのであれば、TSUTAYAのポイントがたまるお店に行くと思います。マイレージもそれと同じで、同じ航空会社を使うように、よりお客を囲い込めるように始まったプログラムです。

 

主なサービス内容ですが、みなさんがご存じのように、一定のマイルを貯めることで無料で乗ることができます。移動距離に応じで必要なマイルも変わってきます。

 

マイレージの仕組み

 

そのほかには座席を1つ上のランクに優遇してくれるサービスがあります。また、利用する各航空会社によって、そのほかにもいくつかのサービスが用意されています。

 

マイルをためる方法と受けれる特典の例

 

ふつうに考えると、まずご自分がよく利用するであろうと思われる航空会社のカードを作ります。

 

もちろんクレジットカード機能が付いていた方がいいですが、稀に審査に落ちることもありますので、まずは航空会社のカードをもつことが先決です。

 

ひとまずポイントがためれる状態であれば、そのポイントに応じてランクアップすることができるからです。なんのカードももっていなかったり・登録しないと、そもそもポイントは付かないので・・・

 

このようにカードを作っておけば、普段使っている別なカードで貯まっているポイントからマイルに移すこともできます。またキャンペーン等でマイルを獲得できることもあります。

 

ただし個人的に思うのは、よく乗る航空会社のクレジット機能付きカードを作り、携帯やスマホをはじめ、日常的にかかる支払いをこのカード1枚にまとめるのが一番効率がいい貯め方だと考えます。

 

家賃などの大きな金額までカードで払えるところに住めば、よりポイントも貯まりやすいでしょう。たとえばANAのサイトに行ってみると、上記のようなカードが作れます。

 

ちなみにわたしは三井住友visaカードを作ったばかりですので、航空会社のカードは作っていませんが、ANAのカードは作りました。

 

ネットで予約して、空港でそのカードを機械に入れるとチケットが出てくるのでとても便利です。カードをもっていない時は、予約番号を入力していた記憶があります。

 

優遇サービスについて

 

よく乗っている航空会社のホームページをチェックすると分かりますが、搭乗実績に応じてもらえるマイルとは別に、一定基準に達すると専用ラウンジが使えるなどのサービスがあります。

 

そこでANAの一番最初の基準「ブロンズサービス」の概要を調べてみました。まず条件ですが、30,000プレミアムポイント以上で、その中でANAグループ運行便利用分が15,000ポイント以上または、30,000プレミアムポイント以上かつANAゴールドカード、ANAカードプレミアムを所持となっています。

 

マイレージカード

 

ここでブロンズサービスで受けられる特典を見ていくと、フライトマイルボーナス、専用ラウンジを1,000マイルもしくはANAアップグレード2ポイントで利用できます。個人的にラウンジは無料だと思っていました。

 

その他にメンバーサイト等もありますが、ブロンズサービスになると、同時にスターアライアンス・シルバーメンバーになるようです。つまりスター アライアンス加盟航空会社を利用する際も様々なサービスがあります。

 

貯めたマイルを何に使う?

 

何をするにあたっても、目標があるからこそやりがいを感じるという人も多いのではないでしょうか?

 

マイルについても同じことが言えると思います。そこで、どのくらいマイルを貯めて、どのような特典と交換したいのか決めておくのも重要です。そこで一般的な特典内容を紹介します。

 

国際線特典航空券

どのマイレージでも獲得でき、一番還元率のいい得点だと感じています。海外へ旅行に行ったりする時に使いたい特典です。利用制限期間に注意しましょう。

 

国内線特典航空券

 

一般的に片道から交換できますが、区間設定やマイル数は航空会社で異なります。アライアンスが普及したため、海外の航空会社のマイレージでも利用できるものもあります。

 

利用クーポン券

 

関連企業の支払いに利用できます。空港のANAのおみやげ屋さんでは、1ポイント1円でお買い物ができますが、ポイントを貯めて航空券等と交換した方がお得なような気がします。

 

このように目的をもってマイルを貯めるようにすれば、日常生活でも楽しんでマイルを貯めれるかもしれませんね。どうせお金を使うなら賢く使いたいところです。